24時間営業ありがとうございます。

108887-300x300

こんにちは。

どんより曇り空のここ大阪中央区にある
コインランドリー安堂寺町店のいちこです。

今朝ご意見箱に入ってたアンケート用紙に
とっても嬉しいお言葉を書いてくださってたので
ご紹介させてください。

それは

”24時間営業ありがとうございます”

です。

IMG_20151009_123426 (1)-crop

とっても嬉しかったです。

このお客さまは、一般の営業時間外と思われる時間帯に
何かお洗濯をしなければいけない事情ができた為
ネットで検索して頂いたのでしょうか?

このアンケート用紙からは
そのあたりの事情は全くわかりませんが
お役に立てたようで本当にうれしい限りです。

実のところ、大阪のような都心でも
コインランドリーは24時間営業のところは
そんなに多くはありません。

コインランドリーはそのほとんどが
無人営業である為、深夜営業は防犯や機械の不具合等
リスクが高くなる為、深夜はしまっているところが
多いです。

また最近見かけるようになった
クリーニング店との併設コインランドリーも
24時間営業はほとんどありません。

弊店でも、最初は深夜は閉めようということに
なっていました。

がっ

私が反対しました

理由は。。

●営業時間があると、閉店後に仕上がった洗濯物を取りに
 来れなくなる。
 それは お客様の立場からも、店としても
 面倒ばかり増えて、メリットがない

と思ったからです。

どういうことかといいますと

弊店の1号機から5号機は
洗濯から乾燥器まで全自動で
出来るコースを搭載しています。

もちろん洗濯だけのコースもありますが
ご利用頂いているほとんどが
洗濯乾燥全自動コースになります。

この全自動コースは約1時間かかるので
ご自身でその都度設定してくださったお電話へ
仕上がり5分前にお知らせする機能があります。

その為、店内でお待ちになるお客様はあまり
多くありません。

コース運転中の1時間は
スーパーへ買い物へいったり
家にいったん帰ったり、と
さまざまに有効活用されています。

もし、営業時間が決まっていた場合、
弊店間際に来て頂いて、この全自動コースは運転すると
仕上がりは閉店後になってしまうので
取りに来て頂けるのは翌日以降になってしまいます。

翌朝いちばんでうまく取りに来て頂ける可能性
は低いので、洗濯物が入れ放しになりその後の
稼働率にも影響します。
しかもコース運転中は施錠されていますが
終了後は開錠される為、入れっぱなしの放置は
防犯上もよくありません。

実際には閉店1時間前はぐっと使用される方が
減ってしまうと思われます。

以上のことから、24時間営業・年中無休を
決断いたしました。

ですが、その決断にはちょっとした覚悟が
必要でした。。

何故なら、24時間営業+年中無休ということは。。。
オープンしたら、二度と閉めることがないということ
だなと、管理者としてはかなりプレッシャーに
感じたからです。

いまのところ、有難いことにオープンから10か月ほど
経ちましたが心配していた深夜のトラブルはまったくありません。

24時間セコムさんによるばっちりの
防犯体制のお蔭や、閑静な住宅街で治安がよく
いいお客さまが多いからだと思います。

見た目は無人でも防犯カメラの映像はかなりクリアで、
24時間オンラインで見守られています。

常駐していないために、ご来店頂いた
お客さまとお話しできる機会はあまりありません。

今回このように、実際にお役に立てたことが
わかり、スタッフ一同喜んでいます。

わざわざ書いてくださったお客さま
ありがとうございました。

これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

コインランドリー 安堂寺町店
542-0061
大阪市中央区安堂寺町店2-4-16
☎ 06-6777-2633(24時間空き状況確認できます)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

スポンサーリンク
レクタングル(大)
Sponsored Link
レクタングル(大)
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)
Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>